JOJO////

京都祇園で生まれた、サンダルの新しいカタチ。

ビーチサンダル、ゴム草履、フリップフロップ。
国境を超えて世界中で親しまれる現代の足の供の歴史を辿ると、自ずと日本古来の履物文化に行き着きます。

日本で生まれた草履が現代のライフスタイルに合わせて現代のサンダルとして形を変え、今ではハワイの海辺からインドの僧院にいたるまで、あらゆる場所でわたしたちの日常に溶け込んでいます。

美しく放物線を描く花緒は、普遍的な機能性と構造美でサンダルの形を象徴していますが、そんな完成されたサンダルのデザインを、この度京都・祇園の老舗履物匠「ない藤」が新たに描き直しました。

原点を見つめながらも未来作りに挑戦し、スーパーベーシックを目指す「mana PROJECT」。
その第一弾として、まったく新しい履物のカタチ『JoJo』をお届けします。

JOJO HPより引用

~~~

履いた姿も上品で、機能的にも優れているサンダル。

京都・祇園の老舗履物匠『ない藤』さんによるmana PROJECTで生まれた、まったく新しい履物のカタチ「JoJo」。

活動的に利用する際には、踵が履物の外に出るようなサイズを選ぶことで、踵を上げて力を分散し、人間の本来の体の使い方に近い歩行を実現することができるそうです。

また、休息用として利用する場合は踵を出さないサイズを推奨しており、シチュエーションによって選ぶサイズが変わってきます。

花緒の幅広で肉厚な感じが可愛らしく、踵を出して履く姿が粋でかっこいいです。

着物では難しいかもしれませんが、浴衣の履物とかになら合いそうです。

 

JOJO:https://manaproject.shop-pro.jp/